Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、北欧のMSSベンダーを完全子会社化 - グローバル展開企業へのサービスを強化

NTTコミュニケーションズは、スウェーデンのセキュリティベンダーであるSecodeの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

Secodeは2000年に設立され、スウェーデン、ノルウェーでセキュリティオペレーションセンターを運用しているほか、フィンランド、オランダ、デンマークなど北欧を中心とした5カ国に拠点を展開しているセキュリティベンダー。IDSやIPSをはじめ、ログマネジメント、脆弱性分析、データ紛失防御、ウイルス対策など含むマネージドセキュリティサービスやコンサルティングを提供している。

NTTコムでは、同社や2009年10月に資本提携した独IntegralisのSOC間における連携を実現。グローバル展開する顧客における北欧地域でのサービス強化を目指す。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windows端末の障害問題に便乗するサイバー攻撃が発生中
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
サイバー攻撃によるシステム障害が発生 - ニシオHD
オーディション応募者の情報流出、対象範囲が拡大 - Brave group
オーディションの応募者情報が流出、SNSへの投稿も - Brave Group
国内狙う攻撃キャンペーン「Blotless」 - 再侵入防ぐ対策を