Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、北欧のMSSベンダーを完全子会社化 - グローバル展開企業へのサービスを強化

NTTコミュニケーションズは、スウェーデンのセキュリティベンダーであるSecodeの全株式を取得し、子会社化したと発表した。

Secodeは2000年に設立され、スウェーデン、ノルウェーでセキュリティオペレーションセンターを運用しているほか、フィンランド、オランダ、デンマークなど北欧を中心とした5カ国に拠点を展開しているセキュリティベンダー。IDSやIPSをはじめ、ログマネジメント、脆弱性分析、データ紛失防御、ウイルス対策など含むマネージドセキュリティサービスやコンサルティングを提供している。

NTTコムでは、同社や2009年10月に資本提携した独IntegralisのSOC間における連携を実現。グローバル展開する顧客における北欧地域でのサービス強化を目指す。

(Security NEXT - 2010/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
ネットスーパーで無関係の顧客情報が表示される不具合 - ヤオコー
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化