Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オフィス向けクラウド製品の最新版 - PS Japan

PS Japanは、企業のエンドポイント向けセキュリティソリューション「Panda Cloud Office Protection」の最新版を提供開始した。

同製品は、ファイアウォール機能やクラウドベースのウイルス対策機能を搭載し、ウェブ上から一元管理することができるセキュリティ対策製品。

最新版となる「同バージョン5.04.50」では、あらたなヒューリスティック技術を搭載。オフライン時のブロック機能を強化した。その日に活動が活発なマルウェアに限定した低容量のシグネチャを自動配布できる。

「Windows Live Mail」に保存されたメールに対するスキャン機能を強化。また「Office 2010」との互換性も向上したという。

価格は、5ライセンスから導入可能で1エンドポイントあたり3000円以内。既存顧客は新バージョンへ無料でアップデートできる。

(Security NEXT - 2010/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始