Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム情報サイトへ不正アクセス、顧客情報1831人分が流出 - コーエーテクモ

コーエーテクモゲームスが運営するゲーム情報のポータルサイト「GAMECITY」に対し、2009年6月および2010年3月から4月にかけて不正アクセスがあり、同サイトの利用登録を行っていた顧客情報が外部へ漏洩していたことがわかった。

コーエーテクモホールディングスによれば、4月16日に同サイトに対する不正アクセスの形跡を発見し、被害に気が付いたもので、調査により2009年6月10日から同年6月19日、および2010年3月25日から同年4月15日にかけて不正アクセスが行われていたことが判明したという。

今回の不正アクセスでは、メールアドレス1807人分が流出。そのうち1770人については同サイトの「パスワード」、さらに3人については電話番号、郵便番号、生年月日などが漏洩した。

またクレジットカード番号16人分、そのうち7人は有効期限が被害に遭い、くわえて8人については電話番号や郵便番号、住所の一部、生年月日などが流出している。

同社では、不正アクセス対策について4月17日に完了したとしており、関係する顧客に対してメールで連絡、二次被害などへ遭わないよう注意などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
デザイン建材通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
医療ユニフォームメーカーの通販サイトに不正アクセス - 個人情報が流出
輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
従業員のメールアカウントに不正アクセス - 日経BP
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社