Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「UT-VPN」のソースコードを公開 - 「iPhone」「Android」などのVPN接続も予定

ソフトイーサは、VPNソフト「UT-VPN」のソースコードを「GPLバージョン2」のライセンス形態で公開した。

同ソフトは、サーバとクライアントソフトにより構成されており、ネットワーク経由でVPN接続が行えるソフトウェア。2010年6月7日にWindows版バイナリを配布開始した「UT-VPN」のソースコードを公開したもの。

「UT-VPN」は、同社と筑波大学との共同研究の成果で、同社製品版「PacketiX VPN 3.0」の一部機能を取り除き、あらたに学術実験用のコードをを追加した。ソースコードは21万行にわたり、「GPLバージョン2」のライセンスに従い、コンパイルや改変、販売など自由に行うことができる。

また同社では、Windows版の「UT-VPNソフトウェア」を6月7日より公開しており、今回のオープンソース公開にあわせてMacやUNIX向けにソースコードをパッケージファイルについても提供を開始する。

(Security NEXT - 2010/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
UTMに1Uの高スループットモデルを追加 - ウォッチガード
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス