Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」に日本語版 - 高機能の有償版も

PS-Japanは、コンシューマー向けクラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」の最新版を提供開始した。日本語に対応したほか、上位版の有償版も用意している。

同ソリューションは、PC端末ではなくクラウド環境でマルウェアのサンプル収集や検知を行うソフトウェア。今回公開された最新版では日本語をはじめ、20カ国語に対応した。

また新種マルウェアや標的型攻撃へ対応する「振る舞いブロッカー」を搭載。振る舞い検知などをユーザーごとの希望にあわせてカスタマイズすることができる。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
ウェブアプリやクラウドの診断サービスを開始 - アシュアード
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口