Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」に日本語版 - 高機能の有償版も

PS-Japanは、コンシューマー向けクラウド型ウイルス対策ソフト「Panda Cloud Antivirus」の最新版を提供開始した。日本語に対応したほか、上位版の有償版も用意している。

同ソリューションは、PC端末ではなくクラウド環境でマルウェアのサンプル収集や検知を行うソフトウェア。今回公開された最新版では日本語をはじめ、20カ国語に対応した。

また新種マルウェアや標的型攻撃へ対応する「振る舞いブロッカー」を搭載。振る舞い検知などをユーザーごとの希望にあわせてカスタマイズすることができる。

(Security NEXT - 2010/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス