Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとCitrix、仮想デスクトップ向けセキュリティ対策で協業

McAfeeとCitrixが仮想デスクトップにおけるセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業を通じて、Citrix XenDesktopの利用者は、McAfeeの統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」によってセキュリティ管理が行えるようになるなど、ユーザビリティが向上するという。

さらに両社は、VDIベースの仮想デスクトップ向けセキュリティソリューションを共同で開発し、ウイルス検知や定義ファイルの更新を集中管理することで仮想マシンへの負担を軽減するとしており、2010年下半期に発表を予定している。

また「XenClient」や「XenServer」で利用可能なハイパーバイザーをネイティブ環境として動作する検出機能「Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」についても開発を進める。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「VMware ESXi」などのCD-ROMエミュレーション機能に脆弱性
セキュリティ関連の相談、前四半期比44.6%減
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
「VMware vCenter Server」にRCE脆弱性、すでに悪用済み - 探索行為も
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
Cisco NFVISに認証回避される深刻な脆弱性 - すでにPoC公開済み
暗号資産取引所「Liquid」から約108億円相当の暗号資産が流出か