Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとCitrix、仮想デスクトップ向けセキュリティ対策で協業

McAfeeとCitrixが仮想デスクトップにおけるセキュリティ対策で協業すると発表した。

今回の協業を通じて、Citrix XenDesktopの利用者は、McAfeeの統合管理ツール「ePolicy Orchestrator」によってセキュリティ管理が行えるようになるなど、ユーザビリティが向上するという。

さらに両社は、VDIベースの仮想デスクトップ向けセキュリティソリューションを共同で開発し、ウイルス検知や定義ファイルの更新を集中管理することで仮想マシンへの負担を軽減するとしており、2010年下半期に発表を予定している。

また「XenClient」や「XenServer」で利用可能なハイパーバイザーをネイティブ環境として動作する検出機能「Management for Optimized Virtual Environments(MOVE)」についても開発を進める。

(Security NEXT - 2010/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
Citrix製仮想デスクトップに複数の脆弱性 - 権限昇格のおそれ
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック