Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterを命令経路に悪用するボット - ツイートでDDoS攻撃やウイルスを実行

人気SNSサービス「Twitter」を命令の送信経路に利用するボットネットのSDK「TwitterNET Builder」が複数のセキュリティベンダーによって確認されている。同ボットについて、BitDefenderが操作に用いられるコマンドについてまとめている。

ボットの操作に用いられるコマンドは、引数とあわせて利用し、作成時に特定したアカウントのツイートにより攻撃を実現する。未確認だが、SDKツールの開発者が指定するアカウントからの命令についても受け入れる可能性があるという。

特定のURLにアクセスさせる「.VISIT」や「Text-to-Speech 」により音声で発話させる「.SAY」のほか、特定のURLからファイルをダウンロードさせて実行する「.DOWNLOAD」や特定の攻撃へアクセスする「.DDOS」、タスクを終了する「.STOP」や休止する「.REMOVEALL」など多彩なコントロールを実現している。

BitDefenderでは、今回同社が確認した「TwitterNET Builder」について、リバースエンジニアリングや検出、強制終了などから保護する機能は持ち合わせておらず、実験的な色彩が強いと指摘。同社では作成されたボットプログラムを「Trojan.TweetBot.A」として検出し、削除できる無料ツールをサイト上で無償で提供している。

(Security NEXT - 2010/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

札幌市交通局公式Twitterに不正アクセス - 外部サイトURLなど投稿
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
「vBulletin」に脆弱性、過去のパッチ不備で問題再燃 - すでに攻撃も
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
学生が個人情報含むクラス表をSNS投稿
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA