Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム関連のウイルスが多数ランクイン - マカフィーまとめ

マカフィーは、4月におけるウイルス検知状況を取りまとめた。オンラインゲーム関連のウイルスや、それらをリムーバブルメディア経由で拡散させるワームがランキングに多数入っているとして、USBメモリなどを使ったデータのやり取りには十分注意するよう求めている。

同社のランキングによると、検知企業数およびマシン数の1位を占める「Generic!atr」を含め、「Generic PWS」「PWS-OnlineGames」「PWS-Gamania」「PWS-Mmorpg」など、オンラインゲームのパスワードを盗むウイルスと、リムーバブルメディア経由でそれらを拡散させるワームが上位を占めている。

また検知企業数の9位には、不正サイトへのリダイレクトを行うJavaScriptである「JS/Redirector.u」が入っており、ウェブ経由の攻撃が依然として発生している。

ただし、同社はこういったウェブ経由でマルウェアを感染させようとするドライブバイダウンロード攻撃について、攻撃は多岐にわたり、すべてを「Gumblar」と呼ぶべきではないと主張。「Gumblar」に特化した対策ではなく、包括的な対策が必要だと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるファイルの検知、前年比5.7%増 - 1日平均約38万件
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
テレワーク実施、2021年は2020年に比べて微減 - MMD研究所調べ
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査