Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話の2048ビット証明書対応状況を調べるサービス - ハイパーボックス

ハイパーボックスは、サイト証明書の安全性基準が変更されることから、今後影響を受ける可能性がある携帯端末のアクセス状況を調査するサービスを提供開始した。

同サービスは、アクセスログを解析し、利用者の携帯端末が2048ビットの証明書へ対応しているか調査を実施するサービス。10Mバイトのデータまで無料で利用できる。

米国立標準技術研究所(NIST)では、暗号強度の問題から安全基準を2010年末に2048ビットの証明書へ移行するため、これに従い、ウェブサイト運営事業者が証明書を変更した場合、未対応の端末からアクセスできなくなる。

ハイパーボックスによれば、240万人の利用者がいるNTTドコモのムーバなどでは表示できなくなったり、接続が切断されるといった影響が出るほか、一部3G端末でもSSL暗号化通信が行えなくなる可能性があるという。

(Security NEXT - 2010/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE