Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メモリリークの不具合が発生、ブルースクリーンの可能性も - アンラボ

アンラボは、同社セキュリティ対策製品「アンラボV3シリーズ」の一部定義ファイルに不具合があり、利用環境によって不具合が発生すると発表した。

不具合が生じたのは、2010年4月22日1時から2時にかけて配布された「2010.04.21.02バージョン」。メモリリークの不具合があり、一部環境において場合使用可能なメモリが減少して動作が不安定になったり、ブルースクリーンとなる可能性があるという。

症状が現れた場合は再起動により回復するという。また4月22日9時ごろより配布されている「2010.04.22.00 バージョン」以降では解消している。

(Security NEXT - 2010/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
新コロ拡大防止協力金の申請者情報が閲覧できる不具合 - 新潟県
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示