Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

次期「ノートン」のベータ版が公開 - 偽セキュリティ対策ソフトを削除する無償ツールも

シマンテックは、セキュリティ対策ソフトの次期最新版「ノートンインターネットセキュリティ2011」と「ノートンアンチウイルス2011」のベータ版を公開した。ベータ版は、同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

今回公開したベータ版では、あらたに「ダウンロードインサイト2.0」を搭載。レピュテーションの保護対象を拡大し、利用ブラウザやメールクライアントに依存せず、ダウンロードファイルを評価可能。クラウドで収集した情報を元に信頼性を報告する。

また契約中のユーザーに提供される「ブータブルリカバリツール」では、CDやDVD、USBメモリなど起動用ディスクを作成でき、ウイルス感染などで立ち上がらなくなった際に、PCを起動することが可能。さらに無償ツールとして「パワーイレイサー」を用意。偽セキュリティ対策ソフトを削除することができる。

同社ではベータ版の公開に合わせ、感想やフィードバックを共有できる「ノートンパブリックベータフォーラム」を提供している。

(Security NEXT - 2010/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス