Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

auの回線契約を譲り受けた顧客の個人情報が閲覧可能に - 原因はプログラムミス

au携帯電話の顧客2837人分の個人情報が、同社サイトのサポート画面より顧客以外から一時閲覧できる状態だったことがわかった。

閲覧可能だったのは、au携帯電話の回線契約を譲り受けた顧客情報2387件。氏名、住所、電話番号、生年月日、契約日、料金支払方法、月間利用料金合計額、料金支払年月日のほか、そのうち5件では、クレジットカード番号や口座番号などが含まれる。

2009年5月11日から2010年4月6日6時まで、KDDIがウェブサイトで提供している「auお客さまサポート」画面において、譲り受けた顧客が暗証番号を以前のまま変更せず、「auお客さまサポート」に登録していない場合、回線契約を譲渡した以前の利用者から閲覧できる状態だった。

3月31日に顧客からの指摘があり、問題が判明。原因はシステム改修時のプログラムミスで、今回問題を指摘した顧客以外が情報を閲覧したケースは確認していないという。同社ではすでに修正が完了しており、対象となる顧客に説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
アンケート依頼メールを誤送信、会員のメアド流出 - 中部経済連合会
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険