Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コミュニティ監視事業者5社が連絡会を設立 - 健全な運営のためのガイドラインを策定

魔法のiらんどなどインターネットコミュニティの監視を行っている5社は、健全なコミュニティ運営の支援を目的とした「監視事業者連絡会」を設立し、「コミュニティサイト監視業務概要」を発表した。

同連絡会は、コミュニティサイトの増加にともない、青少年が健全に利用できるサービスレベルを維持するのが困難なケースが増えているとして、健全なコミュニティ運営の支援を目的として設立された業界団体。

魔法のiらんど、イー・ガーディアン、ガイアックス、グロヴァレックス、ピットクルーのコミュニティ監視事業者5社が参加している。

当初の活動として、「コミュニティサイト監視業務概要」を提供。これからコミュニティサイトを開設する運営者に対し、トラブルや犯罪行為を防止するためのモニタリングの仕組みや監視モデルなどを解説している。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション