Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コミュニティ監視事業者5社が連絡会を設立 - 健全な運営のためのガイドラインを策定

魔法のiらんどなどインターネットコミュニティの監視を行っている5社は、健全なコミュニティ運営の支援を目的とした「監視事業者連絡会」を設立し、「コミュニティサイト監視業務概要」を発表した。

同連絡会は、コミュニティサイトの増加にともない、青少年が健全に利用できるサービスレベルを維持するのが困難なケースが増えているとして、健全なコミュニティ運営の支援を目的として設立された業界団体。

魔法のiらんど、イー・ガーディアン、ガイアックス、グロヴァレックス、ピットクルーのコミュニティ監視事業者5社が参加している。

当初の活動として、「コミュニティサイト監視業務概要」を提供。これからコミュニティサイトを開設する運営者に対し、トラブルや犯罪行為を防止するためのモニタリングの仕組みや監視モデルなどを解説している。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード