Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

難読化や「.htaccess」にも対応する改ざん防止サービス - BBSec

大規模なサイトでは、専用のアプライアンスを用意。また小規模サイトに対しては同社がFTPプロクシを用意する。料金は個別見積もり。

FTPは、パスワードが平文で送信されることから盗聴などの危険があるが、同社によれば、多くのISPがいまだにコンテンツのアップロードにFTPプロトコルを採用しており、そうしたリスクへ対応する目的でサービスを開発したという。

今後同社では、愉快犯など不正URLを含まない改ざんや、マルウェアのアップロードについても検知できるよう機能強化を検討している。

(Security NEXT - 2010/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
EDR運用サービスに復旧支援対応など追加 - NRIセキュア
AD対象のペネトレーションテストサービス - サイバートラスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
Microsoft Defender ATP、ファームウェア経由の攻撃対策を強化