Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、ファイルの権限管理を実現する「Oracle IRM」をリリース - APIにより連携自在

マスメディア向けの製品説明会で、ライセンス事業Fusion Middleware事業統括本部長のVivek Mahajan氏は、今回の製品により、過失による被害拡大の防止や意図的犯行に対する抑止力になるなどリリースの背景を説明。

また担当シニアマネジャー上村静史氏は、正規従業員の減少をはじめ、転職者や業務委託の増加など雇用環境が変化し、権限管理のニーズが高まっていると述べ、従来どおりの操作で利用可能で大規模環境にも対応できるなど製品のメリットを紹介した。

100330no1.jpg
Mahajan氏(画面左)、上村氏(右)

(Security NEXT - 2010/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア
銀行のサイバーセキュリティに特化したパッケージ - イエラエ
(ISC)²とNTT-ATが提携強化 - SSCPのトレーニングを日本語化
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド