Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客データ7365件を不正に持ち出し - 田崎真珠

田崎真珠において、他社へ転職した元従業員が顧客データ7365件を持ち出していたことがわかった。

同社営業本部で使用していたファイルやパソコン内のデータを不正に持ち出していたもので、持ち出されたデータには、氏名や住所、電話番号、取り引き内容など記載されていたという。

同社では、持ち出されたファイルを回収しており外部へ提供された形跡はなく、二次被害が発生した形跡も確認されていないと説明。関連する顧客へ事情の説明や謝罪を行い、所管する経済産業省へ事故を報告している。

(Security NEXT - 2010/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先が帰宅途中にPC紛失、HDDは暗号化 - 広島県指定検査機関
元従業員が顧客情報を不正持出、転職先へ提供 - アイ工務店
教員がUSBメモリを紛失、判明から公表まで11カ月 - 新潟大
育児に関する相談記録日誌を紛失 - 茅ヶ崎市
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
立入検査で持ち出した医療機関関連書類を紛失 - 静岡県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
技師が院内で患者情報含むメモを紛失 - 国東市民病院