Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約1.8%のサイトが「Gumblar改ざんサイト」 - 危険サイトの3分の1を占める

「Gumblar」による改ざんサイトが、年明け後の1カ月間に1248件見つかっていたことが、セキュアブレインの調査で判明した。こうした改ざんサイトの大半は国内企業のサイトだったという。

同社研究機関が同社の不正サイトチェックサービスで検知した情報を取りまとめたもの。レポートによれば、検知した不正サイトは3954件で、2009年12月の2605件から件数ベースでは増加した。

ただし、今回同社チェックサービスの利用者が、4万件強から7万件強と増加していることもあり、チェックしたサイトにおける検出割合としては、前月の6.4%から5.6%と下降している。

100223sb1.jpg
各不正サイトの推移(図:セキュアブレイン)

(Security NEXT - 2010/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
EC事業者の4社に1社、不正アクセスや不正注文を経験