Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットネット発、正規ウェブ経由の標的型攻撃が発生 - 対国内攻撃は未確認

メッセージラボジャパンは、海外で公共機関や教育機関に対する標的型攻撃が発生しているとして、注意を喚起した。

同社研究機関では、1月に1976件の標的型攻撃を確認しているが、2月16日に従来とは異なる傾向の攻撃を検知。送信元に正規のウェブメールアカウントが利用されており、一部対策製品ではフィルタリングが機能しない可能性もあると同社では指摘する。

問題のメールは、ボットネットから発信されており、英文でカンファレンスの招待を装って7組織に対して送信された。問題がないオフィスファイルとともに、情報を詐取するマルウェア「Bredolab」の亜種が添付されている。

100222ml.jpg

同社によれば、今回確認された攻撃は海外の組織を狙ったもので、国内企業を狙う動きは現時点で確認されていないという。ただし、今後国内にも影響が及ぶ可能性があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
都内中小企業のセキュリティ対策支援事業を実施 - 東京都
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査