Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、仮想化により3重化構成を実現する技術を開発 - 他システムのリソースを緊急時に活用

三菱電機は、仮想化技術を利用して冗長化環境を自動的に構築する技術を開発したと発表した。

今回同社が開発したのは、2重化環境においてメインサーバに障害が発生し、待機サーバのみ稼働する状態となり信頼性が低下した際に、仮想環境へ代替環境を自動的に構築することで、冗長環境を復旧できる技術。

同技術は、仮想化技術により他システムの空き資源を活用、2重系構成を自動的に復旧することが可能で、同社によれば、50Gバイトのデータを持つ仮想サーバ4台の場合、1時間程度で復旧できるという。

同社では、従来復旧用として別に用意していたサーバや外部のディスクなど不要となり、復旧時間の短縮など実現できるとし、今後はより高い信頼性が求められるシステムへの応用や代替環境構築時間の短縮など改良していく方針。

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan