Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS10-015」適用時の不具合、原因はルートキット - MSが対策ツールを開発中

2月10日に公開されたセキュリティ更新プログラム「MS10-015」適用時に、再起動やブルースクリーンが発生するといった不具合が指摘されている問題で、マイクロソフトのセキュリティチームはマルウェアが原因であるとの見方を示し、対策ツールを数週間以内に提供する方針であることを明らかにした。

同社によると、不具合の原因はカーネルのバイナリを改ざんするルートキット「Alureon」で、多くのセキュリティ対策ソフトではインストールされる際に検知が可能なものの、すでに動作している場合は検知が困難だという。同社では問題のルートキットを検知し、駆除できるツールを開発しており、数週間以内に提供する考えだ。

今回の問題について、調査完了時まで「MS10-015」の自動配信を停止し、手動配信のみとしているが、64ビット版システムについては問題ないことが調査で判明したとして、自動配信を再開する。また32ビット版システムへの自動配信の再開は、ツールの提供などとあわせて提供時期の検討を進めている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
畜産生産者支援サイトで個人情報が流出 - キャッシュ機能追加に起因
メルマガで不具合、会員のメアドが流出 - 翻訳者向け会員制サービス
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
ふるさと納税の特設サイトに不具合、他人の配送情報 - 京丹後市
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会