Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky 2009」の定義ファイルで一時エラー - すでに修正済み

セキュリティ対策製品「Kaspersky 2009」において、定義ファイルのエラーが発生する問題が一時発生した。現在は修復しているという。

同製品を販売するジャストシステムが明らかにしたもので、2月17日に「定義データベースが破損しています」とエラー表示が行われる状態が発生した。修正した定義ファイルは同日21時ごろより配信が開始されており、最新版を適用することで問題を修正できる。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信