Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」攻撃が脅威の1位に、「Bredolab」の勢いも止まらず - フォーティネットまとめ

フォーティネットジャパンは、同社セキュリティ対策製品などにおいて2009年12月20日から2010年1月21日までに検知したインターネット上の脅威情報について取りまとめた。

同社によれば、期間中あらたに検知された脆弱性は150件で、そのうち22.7%にあたる34件で積極的な攻撃が確認された。

長期間にわたって脅威ランキングのトップを占めていた「MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow」は2位に後退。サイトを改ざんし難読化されたスクリプトを埋め込んで、不正サイト経由でマルウェアに感染させる「Gumblar」攻撃が、新規で1位に躍り出た。

さらに「IE」の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃である「MS.IE.Event.Invalid.Pointer.Memory.Corruption」が、検知されてわずか2、3日で脅威ランキングの4位に急浮上したという。

「Adobe Reader」の脆弱性を利用した攻撃「Adobe.Reader.Printf.Buffer.Overflow」が順位を10上げて9位にランクインするなど、ランキングの動きが活発だった。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を