Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」攻撃が脅威の1位に、「Bredolab」の勢いも止まらず - フォーティネットまとめ

フォーティネットジャパンは、同社セキュリティ対策製品などにおいて2009年12月20日から2010年1月21日までに検知したインターネット上の脅威情報について取りまとめた。

同社によれば、期間中あらたに検知された脆弱性は150件で、そのうち22.7%にあたる34件で積極的な攻撃が確認された。

長期間にわたって脅威ランキングのトップを占めていた「MS.DCERPC.NETAPI32.Buffer.Overflow」は2位に後退。サイトを改ざんし難読化されたスクリプトを埋め込んで、不正サイト経由でマルウェアに感染させる「Gumblar」攻撃が、新規で1位に躍り出た。

さらに「IE」の脆弱性を狙ったゼロデイ攻撃である「MS.IE.Event.Invalid.Pointer.Memory.Corruption」が、検知されてわずか2、3日で脅威ランキングの4位に急浮上したという。

「Adobe Reader」の脆弱性を利用した攻撃「Adobe.Reader.Printf.Buffer.Overflow」が順位を10上げて9位にランクインするなど、ランキングの動きが活発だった。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム