Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2台まで利用できるMac向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版 - 新機能は200以上

アクト・ツーは、Mac OS X向け総合セキュリティ対策ソフトの最新版「インターネットセキュリティバリア X6」のダウンロード販売を開始した。

同製品は、ウイルスや不正サイト対策、ファイアウォールなどを搭載したウイルス対策ソフト「ウイルスバリア X6」の機能に、スパム対策やコンテンツフィルタリング、ファイル暗号化、バックアップなどの機能を追加したパッケージ。最新版では、1ライセンスで2台まで利用可能になったほか、200以上の新機能が搭載されたという。

対応OSはMac OS X 10.5以降。Snow Leopard対応。価格はダウンロード版が1万2800円。パッケージ版は1万4800円の予定。「インターネットセキュリティバリア X5」のユーザーを対象とした無償アップグレードを、4月13日まで受付けている。

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック