Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FTPアカウント以外の情報も攻撃対象に、攻撃自動化ツールも - トレンド報告

トレンドマイクロは、1月の国内における不正プログラム感染被害の総報告数を取りまとめた。「Gumblar」関連の「TSPY_KATES」は後退するものの、不正サイトへ誘導する「JS_ONLOAD」が3位に新規ランクインしている。

レポートによれば、1月の感染被害報告数は1670件で、2009年12月の1646件からわずかに増加した。「Gumblar」で改ざんされたサイトから不正サイトを経由して感染し、FTPアカウントなどを盗み出すトロイの木馬「TSPY_KATES」は、前回トップから7位に後退。一方、改ざんされたサイトに埋め込まれ、ユーザーを不正サイトへ誘導する「JS_ONLOAD」が、3位に新規ランクインした。

また、誘導先の不正サイトからダウンロードされる「JAVA_BYTEVER」が、圏外から4位に浮上。感染すると、JREの脆弱性を悪用して別の不正プログラムをダウンロードする。

FTPアカウントを詐取する従来のものだけでなく、「HTTPベーシック認証」や「POP3」「SMTP Authentication」のアカウント情報を盗む「TROJ_WALEDAC」への感染や、偽セキュリティソフトによる金銭詐取を狙った攻撃もあらたに確認されている。

(Security NEXT - 2010/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市