Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky Labs JapanのCSIRT機関が日本シーサート協議会へ加盟

Kaspersky Labs Japanは、同社CSIRT機関「KLIRRT(Kaspersky Lab Incident Research and Response Team)が日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会へ加盟したと発表した。

今回の加盟により、日本国内のCSIRTと情報の共有するなど組織横断的な連携を強化するという。

KLIRRTは、同社製品の機能向上のためサイバー攻撃を調査する機関。Kaspersky Labのモスクワ本部や各国に設置されたラボとの連携し、ロシアや東欧の情報配信なども展開している。

(Security NEXT - 2010/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向