Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマハ製ルータ向けにウェブレピュテーション機能を提供 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、ヤマハ製ファイアウォールルータ「SRT100」向けに、ウェブセキュリティサービスを、2月下旬より提供開始する。

同サービスは、従業員100人以下の中小企業における利用を想定したヤマハのファイアウォールルータ「SRT100」に、ウェブセキュリティ機能を提供するもの。同社では、すでに簡易検疫機能を提供しており、今回サービスの範囲を拡大する。

同サービスを活用することにより、評価情報に基づいて不正サイトへの接続を未然に防ぐ「ウェブレピュテーション」機能のほか、業務に関係のないサイトの閲覧を規制するURLフィルタリング機能が利用できる。

価格は、ウェブレピュテーションとURLフィルタリングを搭載した「Trend Micro Standard Web Security for Yamaha」が6万3000円。ウェブレピュテーションのみの「Trend Micro Web Security for Yamaha」が3万1500円。

(Security NEXT - 2010/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
カスペがiOS向けにセキュアプリ - フィルタリングや情報流出の確認機能
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス