Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性含むウェブアプリの失敗ソースコードを勉強できる資料 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、安全なウェブサイトを構築する際に役立つ資料について改訂を実施した。

今回改訂を実施したのは、「安全なウェブサイトの作り方」。同機構へ届け出が多かった脆弱性や攻撃について解説する資料で、第4版となった。

従来より「SQLインジェクション」「クロスサイトスクリプティング」に関する「失敗例」を紹介していたが、さらに「OSコマンドインジェクション」「パス名パラメータの未チェック」「クロスサイトリクエストフォージェリ」「HTTPヘッダインジェクション」の4種類を追加した。

各脆弱性について、失敗例のソースコードを解説。修正例についても参照できる。また、ウェブアプリケーションに対する攻撃を防御する「WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)」の活用に関する解説も盛り込んだ。セキュリティ実装の実施状況を確認するためのチェックリストも用意している。

(Security NEXT - 2010/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版
政府の「インターネットの安全・安心ハンドブック」がバージョンアップ
少なくない? テレワーク実施でも紙資料提出で出社
やってはいけない脆弱性情報の取扱とは? - IPAが解説動画
IPA、情報セキュリティ10大脅威の簡易説明資料を公開
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス