Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESET Smart Security」の一部バージョンで不具合 - キヤノンITSが対処法をアナウンス

キヤノンITソリューションズは、「ESET Smart Security V3.0.530」において不具合が発生したと発表した。

問題は、Windows XPにおいて「ESET Smart Security V3.0.530」利用した場合発生するもので、ウイルス定義データベースのアップデート時に「Eset Service」を終了するとのエラーダイアログが表示される。

今回の不具合について同社へ40件の問い合わせがあった。同社では、不具合を解消する方法として、「同V4.0」へのアップデートや「3.0」の利用を呼びかけている。

キヤノンITソリューションズ
http://www.canon-its.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
千葉県自治体情報セキュリティクラウドで一時障害 - 2カ月連続で発生
KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害
一部5G回線で一時ネットを利用しづらい状態に - NTTドコモ
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
即時口座開設システムで障害、一部本人確認画像など破損 - セブン銀
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
教育機関向け通販サイトに不具合 - 入金確認SMSを誤送信