Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種マルウェアに対応するクラウド技術を搭載したSaaS型ソリューション - マカフィー

マカフィーは、SaaS型セキュリティソリューションの最新版「McAfee Total Protection Service v5.0」を、1月18日より提供開始する。

同ソリューションは、ウイルス、スパイウェア対策やファイアウォールなどのエンドポイント対策のほか、ウェブセキュリティやウェブフィルタリング、脆弱性診断などを提供するSaaS型の統合セキュリティソリューション。オンラインコンソール「SecurityCenter」から管理でき、アップデートやアップグレードが自動で行える。

最新版では、新種のマルウェアをリアルタイムで検知するクラウド技術「Artemis」を搭載したほか、SiteAdvisorでサイトを安全性評価とカテゴリで分類することで、フィルタリングの自動化を実現。

また、データセンターからの疑似攻撃により、外部からアクセス可能なすべてのIPアドレスの脆弱性をスキャンする脆弱性診断機能が追加された。

また、「SecurityCenter」のインターフェースを刷新しレポート機能を追加したほか、64ビット版を含むWindows 7をサポートした。価格は、1から25ライセンスの場合、6804円/ライセンスから。

(Security NEXT - 2010/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パロアルト、「PAN-OS」に新版 - Advanced WildFireなど新機能
SaaS設定不備の対策支援サービスを開始 - NEC
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
ウェブアプリ開発プロセスでの利用を想定した脆弱性検査サービス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック