Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なぜ、名だたる大手企業のサイトが「Gumblar」で改ざんされたのか

2009年10月ごろからウェブサイトの改ざん被害が相次いでいる。原因はウイルス「Gumblar」によるものだ。

感染拡大の傾向を受けて、年末にも関係各所より注意喚起が行われたが、その後も大手企業の被害が次々と明らかとなり、年明け後に一般紙が大々的に報じた。上場企業をはじめ、大手企業はセキュリティ対策を牽引しているはずだが、なぜ改ざんに至ったのか。被害拡大には別の理由がある。

改ざんの事例を見てみると、大手企業がメインで運用するコーポレートサイト全体が被害に遭ったというケースは意外に少ない。改ざんされたサイトの多くは、採用や独自企画など、コーポレートサイトとは別に立てたサーバで運用されており、外部へ委託先していたケースも目立った。

組織が大きくなれば、マーケティング戦略から部署単位はもちろん、それこそ製品や企画単位でウェブサイトを構築することも少なくない。企画に応じて独自ドメインを取得したり、外部企業へ運用を委託することもしばしばだ。

(Security NEXT - 2010/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
教育関連書籍やグッズ扱う通販サイトに不正アクセス
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ