Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロとNEC、ネットワーク上の挙動からウイルス感染端末を検知、隔離するソリューション

トレンドマイクロとNECは、ウイルス感染被害の拡散を防ぐ新しいセキュリティソリューションの共同開発を行うと発表した。

今回の協業は、企業内ネットワークの挙動を監視し、不正プログラムを検知するトレンドマイクロのセキュリティソリューション「Trend Micro Threat Management Solution」に、NECのネットワークアクセス制御技術「Plug&Secureテクノロジー」を組み合わせたもので、2010年上半期をめどに製品化を目指す。

同ソリューションでは、不正プログラムに感染した端末をリアルタイムで検知し、端末ごとにネットワークから隔離。端末による感染の拡大を防止し、被害の拡散を防止する。

また、ネットワークに接続しようとした端末がIPパケット通信を行う前に端末を隔離し、ポリシーを満たしているかチェック。端末が接続されて隔離されるまでの間に不正プログラムが活動してほかの端末に感染することを防ぐ。

(Security NEXT - 2009/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
JPCERT/CC、「Emotet」感染チェックツール「EmoCheck」を公開
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
アラート60分以内に要対応情報を提供するMSS - GRCS