Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト

パロアルトネットワークスは、情報漏洩対策サービス「Enterprise DLP」を提供開始した。

同サービスは、機械学習によるデータ分類や500以上の識別子を用いたデータパターンを活用し、機密データや個人識別情報(PII)などを識別してデータを発見、監視して外部への流出を防止するクラウド型のDLPソリューション。

同社のファイアウォール製品や「Prismaシリーズ」などと統合されており、ネットワーク拠点やクラウドに対してポリシーを適用することが可能。故意はもちろん、過失を含めてリスクをともなうユーザーの振る舞いを通知や啓発などを通じて抑制し、情報漏洩やデータ移動を防止する。

機密ファイルの自動隔離などにも対応。「GDPR」や「CCPA」「HIPPA」「PCI DSS」などデータ保護規制やガイドラインにおけるデータ保護要件への準拠を支援する。

(Security NEXT - 2020/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト