Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向けウイルスバスターもMac対応へ - プラグインを提供

トレンドマイクロは、企業向けエンドポイント用セキュリティ対策製品「ウイルスバスターコーポレートエディション10」および「Trend Micro ビジネスセキュリティ6.0」のサポートするOSを拡充する。スイート製品では、Macをあらたにサポートする。

同社は、両製品に対して12月より順次サービスパックを提供し、最新OSである「Windows 7」や「Windows Server 2008 R2」のサポートを開始。コーポレートエディションでは、「Windows 7」の「Windows XP Mode機能」にも対応する。

さらにコーポレートエディションのスイート製品である「Trend Micro Client/Server Suite Premium」では、Mac OS向けクライアント製品「Trend Micro Security for Mac」をプラグインとして12月22日より提供する予定。最新OSである「Snow Leopard」を含む「Tiger」以降のMac OS X環境をサポートする。

今回の機能強化により、「Windows」と「Mac」が混在する環境において、それぞれの端末でウイルス対策機能やウェブレピュテーションによる不正サイトへの接続防止などを実現したほか、管理コンソールによる一元管理に対応する。プラグインのダウンロードや利用にあたり、管理用のWindowsサーバが必要となるので注意が必要。

091216tm.jpg
Mac OS X向けインタフェース

(Security NEXT - 2009/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック