Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecのセキュリティやストレージ製品を「Amazon EC2」が採用

米Symantecは、米Amazonのクラウドサービス「Amazon EC2」へセキュリティやストレージ管理製品を提供したと発表した。

今回の採用により、「Amazon EC2」利用者はクラウド上で利用するWindowsサーバにおいて、ウイルスやスパイウェア対策を実現する「Symantec Endpoint Protection」の利用が可能となる。

またオンラインストレージ管理製品「Veritas Storage Foundation Basic」を利用し、複数ホストの管理やオンラインストレージのパフォーマンスを最適化できる。

(Security NEXT - 2009/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ