Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの個人情報が検索サイトから閲覧可能な状態に - ゲーム情報サイト

ゲーム情報サイト「インサイド」の一部会員において、利用者の操作ミスにより個人情報が公開される状態が発生した。

同サイトを運営するIRI コマース&テクノロジーによれば、会員4人の氏名、住所、年齢、誕生日などの個人情報が、ユーザーや誤って公開ページへ入力したことにより、外部から閲覧できる状態になったという。公開された情報は検索エンジンにも登録されていた。

同サイトでは、ユーザー登録後に追加で記入できる公開ページを用意しており、公開を希望しない場合には情報を入力しないよう注意を促していたが、氏名や住所など入力欄を設けていたため、ユーザーが誤って情報を入力したことから公開されたと説明している。

同社では、個人情報を誤って入力しないよう入力欄を削除した。また同社が取得した個人情報をデータベース上から削除するとともに、検索サイトに対しキャッシュの削除を依頼した。

同社では、情報が閲覧可能だった会員に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールを「CC」送信、講演会申込者のメアド流出 - 薩摩川内市
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政オンラインシステムで個人情報含む書類を誤交付 - 大阪市消防局
県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県