Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの個人情報が検索サイトから閲覧可能な状態に - ゲーム情報サイト

ゲーム情報サイト「インサイド」の一部会員において、利用者の操作ミスにより個人情報が公開される状態が発生した。

同サイトを運営するIRI コマース&テクノロジーによれば、会員4人の氏名、住所、年齢、誕生日などの個人情報が、ユーザーや誤って公開ページへ入力したことにより、外部から閲覧できる状態になったという。公開された情報は検索エンジンにも登録されていた。

同サイトでは、ユーザー登録後に追加で記入できる公開ページを用意しており、公開を希望しない場合には情報を入力しないよう注意を促していたが、氏名や住所など入力欄を設けていたため、ユーザーが誤って情報を入力したことから公開されたと説明している。

同社では、個人情報を誤って入力しないよう入力欄を削除した。また同社が取得した個人情報をデータベース上から削除するとともに、検索サイトに対しキャッシュの削除を依頼した。

同社では、情報が閲覧可能だった会員に対し説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
顧客への連絡メール誤送信でメアド流出 - スポーツ用品メーカー
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
アンケート依頼メールを誤送信、会員のメアド流出 - 中部経済連合会
医療機関向け研修の案内メールで送信ミス - 宇城市