Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪市、操作ミスで保険料収納を別人として処理 - 納付書も他人名義で発行、利用される

大阪市平野区の保険料収納窓口において、誤って別人として保険料の収納を行ったり、納付書を発行する事故が発生した。

同市によれば、10月6日に庁舎窓口で被保険者の保険料を収納した際、担当者が国保システム端末の操作を誤り、直前に窓口を訪れていた別の被保険者の保険料として収納処理を行ったという。

その際、別人の氏名で領収証書を発行して交付したほか、次回以降の納付に利用する納付書についても別人名義で発行。実際にその納付書が11月2日に利用され、再度誤った納付処理が行われたという。

11月10日に保険料の納付状況を点検した際に事故が判明、同市では翌11日に関係者の自宅を訪問して説明と謝罪を行うとともに、誤って発行した書類を回収した。また納付処理についても修正を行う。

(Security NEXT - 2009/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

受給者約97万人分の年金振込通知書に別人の情報 - 日本年金機構
封入ミスで別人の就学支援金通知書を送付 - 神奈川県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
なりすましの問い合わせに個人情報を提供 - 奈良県
クラブ会員宛メールに他会員の情報 - 浦和レッズ
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府