Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型のウェブセキュリティ対策サービスに「認証サーバ連携オプション」を追加 - IIJ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、SaaS型のウェブセキュリティ対策サービス「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」に、「認証サーバ連携オプション」を追加した。

同サービスは、ウェブフィルタリング、ウイルス対策、ログ保管の3機能を備えた統合的なウェブセキュリティサービス。今回の連携機能追加により、アカウントの追加や変更などを、Active Directoryで一元管理することが可能になった。

また、DHCP環境でもユーザー単位でのアクセス制御が可能になったほか、URLフィルタのグループ設定もユーザーごとの設定が可能。月次レポートではユーザーごとのアクセス先や転送量が報告され、問題発生時の追跡に活用できる。

(Security NEXT - 2009/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ