Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SaaS型サービスの管理画面が日本語対応、中小企業市場へ注力 - メッセージラボ

メッセージラボジャパンは、同社のメールやウェブ向けのSaaS型セキュリティ対策サービスのユーザーインタフェースを日本語へ対応させた。同社では機能強化をきっかけに、中堅や中小企業のユーザー獲得へ力を入れる。

今回、管理画面のユーザーインタフェースが日本語へ対応したことにより、英語、ドイツ語とあわせて3カ国語に対応したもので、ユーザーは自由に選択して利用できる。従来より脅威については英語や日本語など含む11カ国語へ対応していたが、ユーザーインタフェースについても今後さらなる多言語対応を計画している。

同社カントリーマネージャーの山本誠治氏によれば、今回のローカライズにあたっては、同社の親会社であるシマンテックが1カ月かけて取り組んだ成果で、シマンテックグループの強みを活かした戦略だという。

同社では、英語によるインタフェースへ抵抗を感じていた中小規模の企業へのアプローチを強化。シマンテックの販売チャネルなど、あらたな販売パートナーの開拓も検討する。また自前で国内にサポートを用意し、さらにアジア地域にバックアップの体制も用意するなど、インタフェース以外の面でもサービスを強化した。

091007ml4.jpg
山本氏(画面左)とシニアマーケティングダイレクターのAndrew Antal氏(画面右)

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
イー・ガーディアン、JP-Secureを完全子会社化
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ