Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業向けメールセキュリティアプライアンスを発売 - HDE

HDEは、中堅や中小企業をターゲットとしたメールセキュリティアプライアンスサーバ「tapirus Mi1000」を10月26日に発売する。

同製品は、ウイルス対策機能と迷惑メール対策機能を搭載した1Uサイズのアプライアンスサーバ。ウイルス対策としてエフセキュアのエンジンを採用した。

一方、迷惑メール対策エンジンには、同社の迷惑メール対策ソフト「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを採用。メールを受信する際には、接続元の正当性の確認やコンテンツ内容によるフィルタリングなど行うことができる。価格は49万8000円。

091007hd.jpg
奥行きが従来1Uサーバーと比較して約1/4のシャーシを採用した

(Security NEXT - 2009/10/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
フィッシングメールを演習用ひな形に変換する新機能 - KnowBe4
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
標的型攻撃メール訓練を刷新、セルフ実施を支援 - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ