Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で大学関係者のアドレスが流出 - 総務省

総務省は、大学関係者13人に事務連絡メールを送信した際、誤って全員のアドレスが表示された状態で送ったことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、四国総合通信局が情報通信分野の大学研究者13人に送信した事務連絡メール。9月29日17時21分に一斉送信した際、全員のアドレスが表示された状態で送った。

同局では関係者に報告と謝罪を行うとともに、誤送信メールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2009/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が郵便物1.3万件を放置、再配達を実施 - 日本郵便
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
メーリングリストの返信設定に誤り、返信メールが流出 - 秋田労働局
県電子納品システムで利用者情報が流出、プログラムミスで - 群馬県
都の医療機器産業参入支援事業でメアドが流出 - システムの不具合で
和菓子通販サイトでクレカ情報流出 - 悪用された可能性
外国人技能実習監理団体のメアドが流出 - 東京都
資格検定の申込サイトにサイバー攻撃 - データ改ざんや流出の可能性
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性