Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドなど2009年前半の注目すべきセキュリティ関連技術の動向を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の1月から6月までの情報セキュリティに関する技術動向を取りまとめた。

同調査報告書は、同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループによる成果で、注目すべき技術動向についてTGの専門委員が解説を行っている。

クラウドコンピューティングに関するセキュリティ動向の紹介をはじめ、安全なDNSの運用を実現する「DNSSEC」、感染が拡大したマルウェア「Conficker」など、9トピックを取り上げた。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
7月のDDoS攻撃、前月から微増 - IIJレポート
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意