Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドなど2009年前半の注目すべきセキュリティ関連技術の動向を解説 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年の1月から6月までの情報セキュリティに関する技術動向を取りまとめた。

同調査報告書は、同機構の情報セキュリティ技術動向調査タスクグループによる成果で、注目すべき技術動向についてTGの専門委員が解説を行っている。

クラウドコンピューティングに関するセキュリティ動向の紹介をはじめ、安全なDNSの運用を実現する「DNSSEC」、感染が拡大したマルウェア「Conficker」など、9トピックを取り上げた。

(Security NEXT - 2009/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2月のDDoS攻撃、前月比22件増 - IIJ観測
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
11月のDDoS攻撃、件数減少の一方で大規模攻撃も - IIJ調査