Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスの解析に不可欠な技術「リバースエンジニアリング」の技術を競うコンテスト - ネットエージェント

ネットエージェントは、ウイルスの解析などに用いられる技術「リバースエンジニアリング」の速度を競うコンテストを開催する。

今回開催される「リバースエンジニアリングチャレンジ」は、プログラムを解析する上で必要となる「リバースエンジニアリング」の技術を競う一般参加型のコンテスト。

こうした技術は、ウイルスやマルウェアの分析へ活用されており、同社ではセキュリティ技術者の意識向上や育成などを目的として企画したという。

同イベントは、9月19日12時にスタートし、同社が参加登録者へ「問題ファイル」を提示。リバースエンジニアリングによる解析で得る回答速度を競う。優勝者など上位2人へ表彰状や賞品が送られる予定。

(Security NEXT - 2009/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

音楽イベントの受託事業者がメール誤送信、メアド流出 - 豊島区
イベント参加者向けのメールで誤送信 - 公益財団法人
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
結婚サポート事業でメール誤送信 - 長崎県
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
イベント抽選結果メールで送信ミス - 北区文化振興財団
eスポーツ主催者向けに保険、サイバー攻撃にも対応 - 東京海上日動
保護者の個人情報を私的利用、教員を懲戒処分 - 宮城県