Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KasperskyがMac向けウイルス対策ソフトをリリース

ジャストシステムは、Kaspersky LabのMac用のウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus for Mac」を11月13日に発売する。価格は5145円。

同製品は、ウイルスやトロイの木馬、ワームなど、Mac OSのファイルシステムに対する攻撃をリアルタイムで保護するウイルス対策製品。ウイルス定義ファイルの更新は、約45分に1回の割合で自動で行われるという。

またスパイウェアやアドウェア、ダイアラ、リスクウェアといった脅威にも対応するほか、スキャン機能に「完全スキャン」と「重要な領域の簡易スキャン」の2種類のモードを用意した。さらに必要に応じて復元できる隔離フォルダや、削除前にバックアップできる機能を搭載している。

(Security NEXT - 2009/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
マルウェアの解析支援ツールを無償公開 - BlackBerry
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加