Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レポート機能を強化したメール暗号化製品「Voltage SecureMail Gateway V3.7」

キヤノンITソリューションズは、米Voltage Securityのメール暗号化製品「Voltage SecureMail Gateway V3.7」を9月1日より発売する。

同製品は、メールアドレスを公開鍵として使用する暗号方式「IBE」を採用し、ゲートウェイ上でメールを暗号化するセキュリティ対策製品。ウェブサイト上で双方向の安全なメールのやりとりを可能にする「Zero Download Messenger(ZDM)」機能を搭載している。

今回発売する最新版では、レポート機能を強化し、日付や時間ごとのメール処理数やドメインごとの処理数など、出力するレポートの種類を拡充。PDFやExcel、PowerPoint形式でダウンロードできる。

またオプションとして提供しているフィッシング対策機能を強化。受信メールにパーソナルイメージを追加することで正当性を確認できる機能を「Zero Download Messenger」上でも利用できるようになった。

(Security NEXT - 2009/08/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI