Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス感染サイトのブロック機能を搭載した「i-FILTER」最新版 - デジタルアーツ

デジタルアーツは、ウイルス対策ソフトとの連携機能をあらたに搭載した企業向けウェブフィルタリングソフトの最新版「i-FILTER」Ver.7.5を、9月2日より発売する。

同製品は、独自のフィルタリングテクノロジー「ZBRAIN」とフィルタリングデータベースにより、業務中の閲覧に不適切なサイトを遮断できる企業向けフィルタリングソリューション。ウェブメールの利用や掲示板などへの書き込みを防止するほか、ウェブ経由の情報漏洩や私的利用を防ぐ。

最新版では、ウイルス対策ソフトとの連携機能をあらたに搭載。カスペルスキーのウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus for Proxy Server」とI連携し、ウイルス感染サイトへの接続をブロックする。

また、VMwareやHyper-Vに正式対応したことで、仮想化環境への導入が可能になった。価格は、30ユーザーで年間21万4200円から。

(Security NEXT - 2009/08/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ