Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティの草の根勉強会に会場などを提供 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、インターネットセキュリティに関する勉強会を支援する「草の根勉強会支援プログラム」の申し込み受け付けを開始した。

同プログラムは、勉強会を実施する企業や団体を対象に、同社が勉強会の開催場所や設備の提供、テーマ設定や講師手配の協力を無料で行うもの。開催頻度は年2回で、開催場所は同社のリージョナルトレンドラボ内。

対象となるのは、国内で活動している5人以上の団体で、セキュリティに関する学習意欲が高いことが条件。開催される勉強会への参加は最大10人まで。申し込みはメールかファックスで受け付ける。申し込み多数の場合は、活動内容や勉強会テーマなどをもとに同社が審査を行って決定する。

(Security NEXT - 2009/08/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
セキュ産業創出する人材育成目指した「SecHack365」 - 受講生募集が開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
セキュリティコミュニティ形成のプラクティス集を公開 - 経産省
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
NISC、「Salesforce」の設定不備について注意喚起
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA