Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生や資料請求者などの個人情報がネット上で閲覧可能に - 東北芸術工科大

東北芸術工科大学は、在学生や資料請求者など22人の個人情報が、ネット上で閲覧可能な状態にあったことを明らかにした。

8月18日10時ごろ、在学生からの指摘があり、漏洩のおそれがある約600件の情報について調査したところ、複数の検索エンジンで22人分の個人情報が結果として表示されることが判明した。

閲覧可能な状態にあったのは、2009年4月以降に同大学ウェブサイトの問い合わせフォームを利用した在学生や他大学の学生、資料請求者、高校教員など22人分の個人情報。氏名、住所、電話番号などが含まれていた。

同大学では、問題が判明した同日中にサイト上のプログラムを修正。検索エンジンへ情報の削除を要請し、翌19日12時10分に、該当する情報の削除を確認したという。また関係者に対し経緯説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
新コロ対策中小企業支援で相談者情報を外部公開 - 京都市
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC
企業説明会の登録学生情報が閲覧可能に - 山梨県
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器