Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル誤り個人情報を誤掲載 - サーバより削除せず検索可能に

福島県楢葉町の屋内体育施設である「ならはスカイアリーナ」のウェブサイトにおいて、利用者の個人情報含むファイルを誤って掲載するミスがあり、個人情報が流出したことがわかった。

同町から委託を受け同施設を運営しているJヴィレッジによれば、1月27日にウェブサイトの「予約状況カレンダー」へ予約状況を案内するPDFファイルを掲載すべきところ、誤って個人情報を保存した表計算ファイルを掲載してしまったという。

問題のファイルには、事故発生時の救急対応のため提供された2021年4月2日から2023年1月24日までのビジター利用者1214人に関する個人情報が記載されていた。氏名、市町村名、電話番号、生年月日、性別、血液型、学校名、保護者名、緊急連絡時電話番号、健康に関する留意事項などが含まれる。

翌日28日に利用者から指摘があり問題が判明。リンクをPDFファイルに置き換えたが、問題のファイルそのものは、サーバ上より削除しておらず、引き続きアクセスが可能な状態にあり、検索エンジンにも登録された。

あらためて4月7日に外部から指摘があり、サーバから問題のファイルを完全に削除した。同社では、対象となる利用者に電話で経緯の報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向け案内メールを「CC」送信 - トヨタツーリスト
県立高校で生徒の個人情報含む出席簿を紛失 - 埼玉県
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
税関の入国者申告データが消失 - アプリ改修作業のエラー対応ミスで
公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも