Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末やネットワークへの負荷を軽減した小規模組織向けウイルスバスターを発売

トレンドマイクロは、小規模組織向けセキュリティ対策ソフト「Trend Micro ビジネスセキュリティ6.0」を9月1日より発売する

同製品は、ウイルスやスパイウェア、フィッシング詐欺、迷惑メールといった脅威から小規模企業などのクライアントPCやサーバを防御するセキュリティ対策ソフト。

最新版では、ウイルス感染の疑いがあるファイルを同社ネットワークサービスと連携して検知できる「スマートスキャン」機能を搭載。定義ファイル配信のタイムラグをなくし、PCやネットワークへの負荷を低減させた。

またウェブレピュテーションによる不正サイトへの接続をブロックすることが可能。USBメモリ接続時にファイル自動実行を防止する機能を搭載している。

管理画面についても、クライアントPCのセキュリティ対策状況やライセンスの状態などよりわかりやすく表示するよう改善。設定の移行を支援するエクスポートやインポート機能を追加した。

ライセンス版の場合、5から24ライセンス導入時における1ライセンスあたりの価格は6900円/年。ライセンス数が多い場合はボリュームディスカウントが適用される。また2年目以降の更新料は標準価格の半額で提供される。別途パッケージ版も用意されている。

(Security NEXT - 2009/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
LINEでURLの危険度を判定する無償サービス - トレンド
新社会人向けセキュリティ研修動画を公開 - CSIRTトレーニングセンター
OSINTツールを期間限定で無償提供 - マキナレコード
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化