Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソフトなどが「VMware」による仮想化環境へ対応 - HDE

HDEは、同社が提供しているソフトウェアについて仮想化環境における動作検証を実施しており、今後サポートする計画だと発表した。

コスト削減や環境対策として仮想化環境への注目が集まっており、こうした需要へ対応するもの。サーバー管理ソフトやセキュリティ対策ソフトにおける仮想化ソフト「VMware ESX」「VMware Server」上の動作について、順次サポートを拡大していく。

セキュリティ関連製品では、サーバー監視ソフトウェア「HDE Center 4.5」をはじめ、「HDE Anti-Virus 5」「HDE Anti-Spam 2」が「VMware ESX/ESXi 3/3.5/4.0」および「VMware Server1.0/2.0」をサポート。また「HDE Secure Mail」シリーズでは「VMware ESX/ESXi 3.5/4.0」「VMware Server2.0」を動作環境に追加する。

同社では今後も仮想化環境への対応を積極的に進めていく予定。

(Security NEXT - 2009/07/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
「Citrix Hypervisor」「XenServer」に脆弱性 - ホットフィクスが公開
Cisco NFVISに認証回避される深刻な脆弱性 - すでにPoC公開済み
Citrixの仮想デスクトップ製品に権限昇格の脆弱性
「Citrix Hypervisor」にサービス拒否の脆弱性 - ホットフィクスが公開
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
macOS向け仮想化製品「Parallels Desktop」に複数の脆弱性
セキュアブート回避の脆弱性「BootHole」が判明 - LinuxやWindowsに影響
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース